JANETについて

JANETについて

JANET(Japan Academic Network in Europe:在欧日本学術拠点ネットワーク)とは、主に欧州に拠点を持つ日本の大学・学術機関による日欧の学術情報交換を目的とした組織です。2015年に日本学術振興会(JSPS)ボン研究連絡センターの小平桂一センター長と筑波大学の永田恭介学長の呼びかけにより発足しました。

欧州に連絡事務所や研究・留学拠点を持つか、欧州で活動展開をしている日本の大学・学術機関等が共同して、欧州現地における活動の連携・潤滑化を図るとともに、合同で日本学術の存在感を高め、欧州学術情報の共同取得・共有に資するために、緩やかなネットワークを構成しています。

主な活動

  • 情報ネットワークを作り 関連情報を共有
  • 欧州での合同行事の開催
  • 情報交換会の開催
  • その他目的達成に必要な活動
  • 1年に1回の割合でJANET メンバー機関が一堂に会することができるフォーラムの開催

運営体制

JANET 運営のために「幹事会」と「JANET 事務局」を置いています。
幹事会は、以下に示す7校で形成されています。また、事務局は毎年行われるJANETフォーラムの開催校が次年度担当しています。

JANET運営体制図

JANET運営体制図

その他、情報発信委員会を設置し、以下のメンバーが担当しています。

情報発信委員会

委員長 三宅 雅人(奈良先端科学技術大学院大学 国際共同研究室国際共同研究担当ディレクター)
委員 岡部 赳大 (北海道大学 ヘルシンキオフィス 副センター長)
委員 土井 康裕(名古屋大学ヨーロッパセンター センター長)
委員 青山 誠(日本学術振興会ボン研究連絡センター 副センター長)

入会方法

入会について

JANETの活動にご興味のある大学・学術関連団体は、下記にご連絡ください。

連絡先
janet-info@rsc.naist.jp