第207回JSPS-MUFJセミナー(2019年3月26日)

欧州学術情報

以下の情報はJSPSストックホルムJSPSロンドンJSPSボンJSPSストラスブールよりご提供頂いております。

2019.03.26 JSPSストラスブール

第207回JSPS-MUFJセミナー(2019年3月26日)

日本人の志向性―伝統文化からポップカルチャーに見られる「縮める・削ぐ・詰める」の発想 ―

続きを読む

2019.03.22 JSPSロンドン

JSPS London News Letter No.59(2018 Winter)

JSPS London News Letter No.59(2018 Winter)

続きを読む

2019.03.12 JSPSストラスブール

第206回JSPS-MUFJセミナー(2019年3月12日開催)

林懐民と台湾「同志」文学

続きを読む

2019.03.05 JSPSストラスブール

第205回JSPS-MUFJセミナー(2019年3月5日開催)

ゲノミクスの次はプロテオミクス;その違いは?

続きを読む

2019.02.27 JSPSボン

10人の研究者が若手研究者のためのドイツの最も重要な賞を受賞(2月27日)
DFGとBMBFがハインツ・マイヤー=ライプニッツ賞を2019年5月28日ベルリンの授賞式で授与予定

2019年ハインツ・マイヤー=ライプニッツ賞受賞者は下記の通り。 Stefan Cihan Aykut、社会学、ハンブルク大学(Universität Hamburg) Karl Bringmann、理論計算機科学、マックス・プランク研究所(Max Planck Institute for Informatics, Saarbrücken) Fabian Dielmann、無機分子化学、ヴェストフ……

続きを読む

2019.02.27 JSPSボン

研究及びイノベーションに関する専門家委員会(EFI)が第12回答申書を政府へ提出(2月27日)
Anja Karliczek大臣:「イノベーションはさらなる持続可能性において重要となる」

連邦政府は、引き続き研究・イノベーション政策を優先事項としており、数多くの新たなイニシアティブによって過去のコミットメントを強化している。このことは、研究・イノベーション・技術能力に関する第12回答申書の中で、研究及びイノベーションに関する専門家委員会(Expertenkommission Forschung und Innovation:EFI)によって述べられた。2019年2月27日、EFIは……

続きを読む

2019.02.20 JSPSロンドン

2019年2月英国高等教育及び学術情報

(1)裕福な学生の方が学費の前払いで得ができるという批判 2019年1月15日、英国の慈善団体でシンクタンクであるIntergenerational Foundation(IF)は、英国の大学学費制度に関する報告書を発表した。プレスリリースでは、報告書の内容について以下のような説明がされている。 IFが得た2016/2017学事年度の最新のデータによると、英国に居住する百万人以上のフル……

続きを読む

2019.02.15 JSPSボン

英国の合意なきEU離脱に備え、教育・研究に必要な準備を(2月15日)

2019年2月14日、英国議会下院における今後のEU離脱手続きに関する決定は、今後のいっそう不透明な状況をもたらした。合意なき離脱、いわゆる「Hard Brexit」は未だ回避されていない。中心的な目標は、依然として、移行期間を含む離脱協定に基づいた、英国の秩序ある離脱である。 3月29日の離脱日は近づいており、残された時間はますます少なくなっている。 Anja Karliczek大臣は、「……

続きを読む

2019.02.14 JSPSストックホルム

JSPS Stockholm Newsletter Vol. 61

続きを読む

2019.02.08 JSPSボン

ドイツ連邦教育研究省(BMBF)、DAADのプログラムを通じて教員養成課程の国際化を推進(2月8日)

ドイツの経済ネットワークは世界規模、通貨は欧州規模、しかし、教員養成は国内規模である。ドイツ連邦教育研究省(Bundesministerium für Bildung und Forschung: BMBF)は、教員養成課程の国際化を推進している。教員候補の学生はもっと国際的かつ異文化間の経験を積むべきである。このために、大学は、例えば外国の提携大学との協力を深めることによって、教員養成課程をより……

続きを読む

2019.01.28 JSPSストラスブール

第204回JSPS-MUFJセミナー(2019年2月13日開催)

日仏における引きこもりについて

続きを読む

2019.01.22 JSPSストラスブール

第203回JSPS-MUFJセミナー

私の知る日本

続きを読む

2019.01.21 JSPSロンドン

2019年1月英国高等教育及び学術情報

(1)大学学長等が合意なきEU離脱に対し警告2019年1月4日、英国大学協会(UUK:Universities UK)は、英国が離脱協定を結べないままEUを離脱するに至った場合(注:いわゆる「合意なき離脱」)の、研究、教職員、学生にとってのリスクについて警告する大学学長らの書簡を政府や政治家に送付したと発表した。 この国家議員に対する公開書簡で、UUK、ラッセルグループ*、Guild HE*……

続きを読む

2019.01.15 JSPSボン

ワイリー社とDEALプロジェクトがパートナーシップを締結(1月15日)

ワイリー社とDEALプロジェクトは、ドイツにとって画期的なパートナーシップを締結した。本パートナーシップは、新たな出版モデルを試験的に導入すること、研究者がワイリー社のジャーナルを通じてより知識を構築・普及できるようにすること、DEALプロジェクト参加機関がワイリー社の学術ジャーナル・ポートフォリオへ今後もアクセスできるようにすることを目的としている。 2019年1月15日(火)、研究と教育……

続きを読む

2019.01.15 JSPSストラスブール

JSPS-UNISTRA SEMINAR ON BIOLOGICAL SCIENCES

JSPS-UNISTRA SEMINAR ON BIOLOGICAL SCIENCES……

続きを読む

2018.12.20 JSPSロンドン

2018年12月英国高等教育及び学術情報

(1)政府は2年学位課程で学生の選択肢を広げる (2)リサーチ・イングランドが知識交換評価制度の協議に先立ち文書を公開 (3)キャリア早期段階の収入への学士号の影響 (4) Tレベル制度への資金配布についての協議が開始 (5)大学が成績のかさ上げへの対策に向け前進 (6)大学・科学担当大臣が辞職、政府のEU離脱協定案に抗議 (7)MadeAtUni:大学での発見……

続きを読む

2018.12.07 JSPSストラスブール

News letter: 2018年11月

NEWS LETTER November 2018……

続きを読む

2018.12.06 JSPSボン

2019年ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞(Gottfried Wilhelm Leibniz-Preis)受賞者が決定(12月6日)

ドイツで最も権威ある研究賞の受賞者が発表された。12月5日にボンで開催されたドイツ研究振興協会(DFG: Deutsche Forschungsgemeinschaft)協議会により、2019年ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞受賞者10名(うち男性6名、女性4名)が決定された。受賞者は、122名の候補者の中から審査委員会により選ばれた。受賞者10名のうち、3名は人文社会系、3名は生命科……

続きを読む

2018.12.04 JSPSボン

シュプリンガー・ネイチャー社とDEALプロジェクトが交渉で大きく前進(12月4日)

シュプリンガー・ネイチャー社(Springer Nature)とドイツ学術機関連盟によるDEALプロジェクトは、学術論文のパブリッシュ&リードに関する画期的なシステムについての交渉を大きく前進させた。これは、DEALプロジェクトのHippler代表、シュプリンガー・ネイチャー社の欧州の営業を統括するLaging副代表により共同で発表された。シュプリンガー・ネイチャー社とDEALプロジェクトは、遅く……

続きを読む

2018.11.28 JSPSストラスブール

第202回JSPS-MUFJセミナー

漆器の情熱

続きを読む

12345...1020...»