2019年ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞(Gottfried Wilhelm Leibniz-Preis)受賞者が決定(12月6日)

2018.12.06

ドイツで最も権威ある研究賞の受賞者が発表された。12月5日にボンで開催されたドイツ研究振興協会(DFG: Deutsche Forschungsgemeinschaft)協議会により、2019年ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞受賞者10名(うち男性6名、女性4名)が決定された。受賞者は、122名の候補者の中から審査委員会により選ばれた。受賞者10名のうち、3名は人文社会系、3名は生命科学系、2名は自然科学系、2名は工学系である。受賞者はそれぞれ賞金250万ユーロを受け取る。この賞金は、受賞者が研究活動のために任意の方法で、最長7年間使用することができる。授賞式は、2019年3月13日にベルリンで開催される。

2019年ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞受賞者氏名(分野、所属機関)は下記の通り。

  • Prof. Dr.-Ing. Sami Haddadin(ロボティクス、ミュンヘン工科大学)
  • Prof. Dr. Rupert Huber(実験物理学、レーゲンスブルク大学)
  • Prof. Dr. Andreas Reckwitz(社会学、ヴィアドリナ欧州大学)
  • Prof. Dr. Hans-Reimer Rodewald(免疫学、ドイツがん研究センター)
  • Dr. Melina Schuh(細胞生物学、マックス・プランク生物物理化学研究所)
  • Prof. Dr. Brenda Schulman(生物化学、マックス・プランク生物化学研究所)
  • Prof. Dr. Ayelet Shachar(法学・政治学、マックス・プランク多宗教・多民族社会調査研究所)
  • Prof. Dr. Michèle Tertilt(経済学、マンハイム大学)
  • Prof. Dr. Wolfgang Wernsdorfer(実験固体物理学、カールスルーエ工科大学)
  • Prof. Dr.-Ing. Matthias Wessling(化学工学、アーヘン工科大学、ライプニッツ研究所)

 

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞は、1986年以降DFGにより毎年授与されている。毎年最大10件が選ばれ、それぞれ250万ユーロの賞金が贈られる。2019年の10件を含め、これまでに368件の賞が授与されてきた。全受賞件数のうち、120件は自然科学系、106件は生命科学系、85件は人文社会系、57件は工学系であった。特別なケースでは共同受賞があるため、受賞者数は受賞件数よりも多くなっている。これまでの受賞者数合計は395名(うち男性339名、女性56名)である。

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞はドイツで最も重要な研究賞である。過去の受賞者7名が、その後ノーベル賞を受賞している(1988年ノーベル化学賞Prof. Dr. Hartmut Michel、1991年ノーベル生理学・医学賞Prof. Dr. Erwin Neher, Prof. Dr. Bert Sakmann、1995年ノーベル生理学・医学賞Prof. Dr. Christiane Nüsslein-Volhard、2005年ノーベル物理学賞Prof. Dr. Theodor W. Hänsch、2007年ノーベル化学賞Prof. Dr. Gerhard Ertl、2014年ノーベル化学賞Prof. Dr. Stefan W. Hell)。

 

DFG: http://www.dfg.de/en/service/press/press_releases/2018/press_release_no_55/index.html